先生

大切な女性の命と胸を守る|乳癌の治療方法

女性らしさをキープ

女性

温存できる療法

乳房温存療法は女性が理想とする手術法ですが、工夫次第でリスクを減らすことに繋げることも可能です。しこりの大小だけでは温存できるか否かを決めることは難しく、小さいしこりでも広範囲に広がっている場合には乳房の切除は避けることは難しくなります。ですが、癌を確実に取りきり、さらに美容的に意味のある乳房を残すことができるかどうかで、初めて乳房温存ができるかが決まります。見た目が悪くなってしまうのであれば、ムリして温存するよりも乳房を再建するなど、女性目線と医療目線での治療法も展開されており、再発を防ぐためにも全摘手術も視野に入れておきたい内容です。また、再建する技術力にも優れているため、女性らしさをキープすることができる利点も得られます。

組み合わせで安全

乳癌の治療法の1つには乳房温存療法があり、癌を取り除き、なおかつ美容的に意味の深い乳房を残すことができる点で評価されている治療の1つです。乳癌の8割は医療技術や検査の進歩から、1・2期のステージが占めているため、乳房温存療法が最適と言われています。具体的には、乳癌のしこりの周囲1センチ程度の安全域をとって切除しますが、乳房の4分の1を切除することもあります。乳癌の治療では癌を完全に取りきることが重要で、乳房切除の手術に関してもこの趣旨に沿って行われています。現在、手術でほぼ取りきれるほど医療技術が進歩しており、また施術後の放射能治療と組み合わせた治療によって、女性らしさに繋がっている乳房を残せるようになりつつあります。

スキルス性がんの早期発見

看護師

日本人に最も多い胃がんを発見するため、かつてはバリウムを飲んでレントゲン撮影をする検査が主流でした。現在では内視鏡を使った検査が中心ですが、若い女性に多いスキルス胃がんの発見は難しいと言われます。検査機器の充実した病院ではスキルス胃がんも早期発見できるため、手術での完治を可能にしています。

詳細を読む

初期症状の出ないがん対策

医者

がんは最先端治療が日々進化しており、初期で発見されればほとんどが完治します。しかし初期症状が出にくいがんもあります。特にすい臓がんは背中とかみぞおちの痛みが出る程度なので見落としがちになります。定期的に検診を受けることで初期症状の発見につながります。生活習慣が大事で、塩分や糖分を控えることです。

詳細を読む

なりやすい人の傾向

看護師

動物性脂肪を好んで食べる人、運動不足や肥満の人が大腸がんを発症しやすい人の特徴と言われています。また、大腸がんは高齢になると発症率が急激に高まるという特徴があるので、定期検査を受けるようにしましょう。また、がんは再発が最も恐ろしいので、医師の指定した検査は無視しないよう注意しましょう。

詳細を読む