病棟

大切な女性の命と胸を守る|乳癌の治療方法

なりやすい人の傾向

看護師

がんは生活習慣によって大きく左右される病気なので、なりやすい人というのが存在します。近年とても大腸がんは増加しているので、なりやすい人の特徴を理解しておきましょう。まず、大腸がんの特徴として高齢になってから発症する確率がとても高くなることが挙げられます。日本の高齢化が大腸がん増加の原因の一つだと言っても良いでしょう。年齢を重ねれば重ねるほど発症しやすくなるので、40代になったら年に1度は検査することが推奨されています。また、生活習慣としてはお肉などの動物性脂肪を好んで食べている人は大腸がんの発症リスクが高くなります。また、肥満や運動不足も発症しやすい人の特徴と言ってよいでしょう。習慣的に深酒をする人や喫煙者も発症リスクを高めます。

大腸がんを手術した後の注意点とはどういった事でしょうか。まず、どんな癌にでも共通することですが、手術が終わって退院したからと言って治療が終了したわけではないので、医師から指示された検査や診察を無視しないように注意し、必ず受診するようにしましょう。どんな病気でも退院後の治療は症状を悪化させないために必要ですが、がんの場合は特に再発という独自の特徴があります。再発の早期発見、防止のためにも術後の治療が特に重要なのです。また、気になるのは食事ですが、一定期間が経過すれば食事に関する制限はないです。むしろ体力回復のために積極的に食事するようにしましょう。ただし、消化能力は落ちているので、あまり一度にたくさん食べないように注意し、よく噛むように心がけましょう。